1. ホーム
  2. クレジットカード(法人)の記事一覧
  3. カードブランド
  4. JCB
  5. アプラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEの良し悪しと詳細
2019.04.14
6 views

アプラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEの良し悪しと詳細

このページの目次

アプラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEは、最上級のビジネスカードを謳い文句として、上質なサービスを提供していることで知られています。

特に高いニーズがある機能を厳選して提供することで、よりユーザビリティが高く顧客満足度が高いのが魅力的です。

非常に評判の良いアプラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEですが、実際にその良し悪しとしてどのような点があるのでしょうか?

ここでは、アプラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEが持つ魅力や他のカードとの違いを詳しく解説していきます。

アプラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEの特徴

アプラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEは、法人向けのクレジットカードであいr,ゴールドカードですので様々な優遇を得ることができるのが魅力的です。

また、個人事業主でも利用できる点も高く評価されています。

他にも、アプラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEでは多くのメリットがある一方で、少なからずデメリットもあります。

ここでは、アプラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEのメリットとデメリットについて詳しく紹介します。

メリット

アプラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEでは、デメリットよりもメリットの方が多く存在しています。

ゴールドカードですので、一般カードよりも手厚いサービスを提供しているのが魅力的です。

具体的なメリットは次のような点があります。

助成金は補助金の代行申請にかかる手数料がお得に!

特に中小企業の場合、事業資金のやりくりは非常に大変で、少しでも手助けして欲しいと思っているものです。

国や地方自治体レベルでは、そのような企業に向けて助成金という形で手を差し伸べています。

様々な助成金があり、確かに企業側にとってはありがたい制度であるのですが、一方で助成金を得るために複雑な手続きを踏無必要がありますし、時間がかかるケースが多いのも難点です。

特に、手続きの煩雑さで補助金の申請を諦めるという企業が多いのも事実です。

また、社会保険労務士に依頼して申請をする必要があるのですが、中小企業の場合は雇うのもとても大変ですよね。

そこで利用したいのが、アプラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEで提供されている助成金の代行申請サービスです。

現状、社会保険労務士との付き合いがなくても、アプラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEのサービスを利用すれば手続き代行を依頼できます。

代行は完全成果報酬型で行われますので、着手金はかかりません。また、手数料も助成金を得ることができれば、その額の6%となります。例えば、200万円の助成金を得ることができれば、12万円の費用がかかる計算となっています。

これは、一般的に社会保険労務士に依頼するよりもとてもリーズナブルな設定です。

他にも、補助金申請代行を行うかどうかを相談する場合でも、1時間までは無料で相談を受けることができます。

通常、1時間1万円ですので気軽に相談できるのが良いですね。

申請料金についても、10%オフで利用することができますので、補助金をよりお得に効率よく得ることができます。中小企業にとっては、とてもこころ強いカードと言えます!

専門家への業務依頼においてキャッシュバックがある!

企業を運営する上で、自社の社員だけではまかないきれない業務がどうしても存在します。例えば、なにかトラブルが発生した場合は弁護士を雇う必要がありますし、行政に対して申請をする上で、特定の資格を保有した者でなければ行えないケースも多々あります。

アプラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEでは、士業と言われる次の専門家に業務依頼を手軽に行うことができます。

  • 公認会計士
  • 社会保険労務士
  • 税理士
  • 弁護士
  • 司法書士
  • 行政書士
  • 中小企業診断士

近くに法律事務所などがなかったり、士業に依頼したくても人脈がないというケースでも、アプラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEが橋渡ししてくれるのです。

士業に業務を依頼すると報酬を支払う必要がありますが、弁護士、司法書士、社労士以外の士業に依頼すると、5,000円をキャッシュバックされるサービスがあります。よって、よりお得に利用することができるのです。

コスト削減サービスを受けることができる!

アプラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEに限らず、クレジットカードの場合は使いすぎたり無駄な経費を使ってしまうことも多々あります。

また、必要と感じて支払っているものであっても、実際には無駄となっていることも多いのです。

アプラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEの特典として、コスト削減サービスを受けることができます。コスト削減サービスとは、電話料金や電気料金、インターネット回線など、そして損害保険などの定期的にかかる費用について、専門のコンサルタントによる分析を受けることができます。

例えば、この費用は無駄なので他のサービスに乗り換えたり、場合によっては廃止するなどの的確なアドバイスを受けることができます。

これによって、無駄な経費を抑えてより収益を得る方向に資金を回すことができるのです。

コスト削減サービスは、着手金は無料で成果報酬手数料を支払う形となっています。

気になる手数料ですが、通常は50%なのに対してアプラスビジネスカードゴールド SBS PRIME特典として20%で利用することができます。

出張費用を抑えることができる!

飛行機を中心とした出張が多い方の場合、カードの利用金額の大半が航空券となっている場合も多いのではないでしょうか。

もしそのような企業の場合、航空券割引サービスが非常に高いメリットとなります。

航空券割引サービスでは、国内の航空券がとてもお得な価格で予約することができます。国内航空券限定ですが、何と最大30%割引きでリザーブすることができます!

また、通常のサービスでは行えない当日予約もできますし、業界最大規模の国内航空券取り扱いサービスとなっています。

これで、より出張がお得になること間違いありません。

更に、国内旅行が最大8%割引、海外旅行も最大5%割引となるサービスもあります。

これは出張だけでなく、福利厚生の一環として社員旅行などにも利用できます。出張がない方にもおすすめできるサービスですしホテルだけでも割引サービスを利用できます。

採用ホームページをお得に作成できる!

企業を運営していく中で、人材を確保しないと成り立ちませんよね。特に、これから成長が見込まれて拡大していかなければならないのに、人材が集まらないと拡大路線に乗ることができません。

売り手市場が続いている中で、如何に人材を確保できるかが重要なテーマとなっていて、自社の採用ホームページを運営するという選択肢も検討の余地があります。

アプラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEでは、特典の一つとして採用ホームページの代行サービスがあります。

まだホームページを保有していない場合でも、一から採用ページを作成してくれるとてもありがたいサービスとなっています。気になる費用も、20,000円ととてもリーズナブルですので、是非活用したいサービスですね。

デメリット

アプラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEは企業側にとって有益なサービスが多く提供されていますが、一方でデメリットも存在しています。主なデメリットとしては、次のような項目があります。

キャッシング機能が付与していない

クレジットカードでは、通常ショッピング枠の他にキャッシング枠が設けられています。経費支払いで利用するのがショッピング枠ですが、キャッシング枠は利用枠の中でお金を借りることができ、資金を一時的に確保したい場合には最適なサービスです。

残念ながら、アプラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEではキャッシング機能は付与されていません。

ただ、法人カード全体的な流れとして、キャッシング機能を付与していないカードが多いという事実があり、あれば便利なサービスという位置づけとなっていて、致命的なデメリットというわけではありません。

プロパーカードではない

アプラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEは、様々なサービスを受けることができるのですが、実はプロパーカードではありません。

これによって、ブランド力としてはプロ下パーカードと比較して若干劣るのが事実です。

但し、ゴールドカードというステータスはありますので、バランスを考えると致命的な弱点というわけではありません。

年会費が高い

アプラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEは、年会費としては初年度は無料なのですが、2年目以降は年会費が50,000円かかります。

これは、一般的なプラチナカードの年会費に相当しますので、相当高額なイメージがあります。

高額であっても、実質的にはゴールドカードと同レベルの機能しかなく、コンシェルジュなどの特典はありません。

アプラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEを比較

アプラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEは企業側にとって様々な特典があるカードですが、類似するカードとはどのような違いがあるのでしょうか?

ここでは、他のカードに対して優位性があるかどうかについて解説します。

初めてのカード選びとして比較

初めてのクレジットカードとしてアプラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEを選ぶ場合、気になるのが利用限度額です。クレジットカードを使い慣れていないと、ついつい使いすぎてしまうものです。

クレジットカードでは上限額が設定されており、その枠内で利用する必要があります。

アプラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEのショッピング上限額は、100~300万円に設定されています。これは、他の法人ゴールドカードと比較すると、ほぼ同レベルの設定額であります。

他にも、新しくクレジットカードを作成する時に審査を受ける必要があります。

アプラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEの申込資格としては、代表者が18歳以上の法人または個人事業主の方が対象となっています。

気になる審査基準ですが、さほど高く設定されています。

一般的にゴールドカードは審査が厳しいというイメージがありますが、審査基準として黒字決算であることや、登記後の年数などの条件が明記されていませんので、開業1年目の法人でも入会できる可能性が十分にあるカードです。

法人の場合は代表者連帯保証となりますが、その分限度額が高く設定してもらえるのが良いですね。

ステータス、年会費等の同レベルカードと比較

アプラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEは、国際ブランドしてはJCBとなっています。JCBは日本国内では高いシェアを誇っていますが、世界的に見るとVISAやMasterCardには若干利用店舗数が限られてしまいます。

また、国内で見てもシェアとしては高いとは言えないのが実情です。

ただ、プラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEはゴールドカードですので一般カードよりも高いステータスを得ることができます。

ただ、年会費という面では一般的なゴールドカードよりも高いのが難点です。同レベルの年会費が必要な法人カードとしては、次のようなカードがあります。

  • 三井住友ビジネスカード プラチナカード
  • 井住友ビジネスプラチナカード for Owners
  • ラグジュアリーカード法人(Titanium)

いずれもプラチナ法人カードですので、ステータス対年会費で考えると、プラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEは見劣ってしまいます。

但し、企業に向けて様々なサービスを受けるメリットもあるので、一概に劣っているとは言い切れません。

アプラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEの基本情報データ

プラスビジネスカードゴールド SBS PRIMの基本データは以下となっています。

  • 年会費:50,000円(初年度は無料)
  • 還元率:1.0%
  • 国際ブランド:JCB
  • 利用限度額:法人は100万円~300万円、個人事業主は100万円~200万円
  • 海外旅行傷害保険:最高5,000万円(自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険:最高3,000万円(自動付帯)
  • 追加発行できるカード:子カード、ETCカード
  • 締め日:5日
  • 支払日:27日
  • 申込条件:法人または個人事業主で18歳以上の方が対象

まとめ

アプラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEは、他の法人カードではあまり見られない企業にとって非常に便利なサービスを多く利用できます。

特に、補助金や助成金を申請代行してくれるサービスは、リーズナブルなので確実に利用したいですね。

年会費の高さは気になりますが、様々なサービスをうまく使いこなすことができれば十分まかなえる範囲内です。

ぜひアプラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEに入会して、より有益なカード利用を実践したいですね!

アプラスビジネスカードゴールド SBS PRIMEの良し悪しと詳細

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

このページのタイトルとURLをコピー

SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気の記事