1. ホーム
  2. クレジットカード(法人)の記事一覧
  3. 基礎知識
  4. メリットいっぱいの法人クレジットカードでマイルも貯まる!
2019.02.21
274 views

メリットいっぱいの法人クレジットカードでマイルも貯まる!

このページの目次

法人クレジットカードのデメリットは、マイルが貯まりにくい?

ポイントを移行してマイルに

法人クレジットカードは、個人所有のクレジットカードと比較するとマイルの還元率がそれほどよくないという課題があります。クレジットの利用ごとにポイントが付与され、そのポイントをマイルに移行していくというのが法人カードのやり方です。もちろんマイルを直接得る方が、マイルは貯まります。

ただ、法人クレジットカードの目的はマイルではなく、業務上のメリットがメインです。そのため、マイルの還元率だけで法人クレジットカードを選ぶのはリスクが高いでしょう。ほかのメリットにプラスαでマイルも貯まるというくらいの気持ちでいるとよいですね。

マイルの還元率が低くても、業績が伸びればカードを使用することも増え、少しずつですが、ポイントも貯まります。業績を伸ばして、いくらでどの程度のポイントが貯まり、ポイントはどのくらいのマイルになるのかをシミュレーションしてみるとモチベーションも上がります。

また、できるだけ法人クレジットカードで支払うことで、ポイントを増やしてマイルに還元できます。どのような費用をクレジットカードで支払えるのでしょうか。まだクレジットカードを利用しないで支払っている項目があれば、クレジットカードを利用するようにしましょう。

法人クレジットカードを利用して税金を支払う

「国税クレジットカードお支払サイト」ができて国税が法人クレジットカードで支払えるようになりました。全ての税金がクレジットカードで支払えるわけではありませんが、サイトを見れば、どの税金を支払えるがわかります。また地方税に関しては、各自治体によって異なるため、問い合わせましょう。

その他の経費も法人クレジットカードで

電話代や光熱費、事務所の家賃などクレジットカードで支払い可能な支出は全てクレジットカードで決済すると経費の動きが見えるだけではなく、ポイントとして貯まっていきます。

個人名義のクレジットカードに比べると、還元率が低めでも、企業の支出は個人の支出より大きいので、ポイントがかなり貯まっていきます。家賃を10万円として1年でそれだけで120万円です。ガソリンを含めた交通費、宿泊費、接待など経費を合わせるとかなりの額になることがわかります。

また、ETC代(高速道路代)も高額になる業種の法人は、ETCカードが作られる法人クレジットカードを選びましょう。支払いも簡単になるだけではなく、自動的にポイントが貯まっていきます。

多くのクレジットカードは、年間の利用額に応じてボーナスポイントをつけてくれます。個人のクレジットカードではなかなかボーナスをもらえるほど多額な利用は難しいですが、法人クレジットカードならボーナスを獲得することも比較的簡単です。

仕入れを法人クレジットカードで支払うメリット

仕入れや備品調達も法人クレジットカードを利用しましょう。仕入れを法人クレジットカードですればポイントが貯まるだけではなく、実際に支払いが生じるのが最大57日後になります。そのため、経済的にも余裕ができるというメリットが加わり、長いスタンスで経営可能です。

法人クレジットカードでマイルを貯めるメリット

多くの経営者はカードでマイルを貯めている

法人クレジットカードでは、個人クレジットカードに比べるとマイルが貯まりにくいと言いましたがそれでも多くの経営者はマイルを貯めています。それはメリットが多いからです。どのようなメリットがあるのかを紹介しますから、マイルを貯めるかどうか検討している方は参考にしてください。

マイルで経費削減が可能

マイルは経済効率が良いと考えられます。1マイルは1円以上の価値を生み、場合によっては3円から5円程度まで価値がアップされます。マイルを使って航空券を購入すれば、経費をかなり削減できます。そのため、経営者の多くがマイルを貯めています。

座席のグレートアップでモチベーションを上げる

特典航空券は、リミットがあるため、出張でマイルを使って航空券を購入しようとしても枠が埋まっている場合もあります。そのようなときは、座席をグレードアップすると疲れず、モチベーションもアップします。社員のモチベーションはもちろんですが、経営者自身のモチベーションアップにもつながります。

マイルは誰のもの?

マイルを貯めるとデメリットもある

現在では多くの法人クレジットカードではポイントを貯められます。ポイントは個人事業主の場合や法人でも社員が1人や家族経営の場合は問題なく、法人代表や個人事業主のものです。

しかし、追加カードを発行している場合は、ポイントは法人のものとして処理しないと、トラブルの原因になります。ただし、マイルは人間に付与されるものという規定が、航空会社によってされているので、カードの所有者、代表のものと考えてもいいと思う人もいるかもしれません。

しかし、法人カード導入以前は、出張するたびに自分のカードで支払いをし、マイルを貯めていた人が、たくさんいます。法人カードを使い始めてから、マイルが貯められなくなると不満が出てきます。法人カードで経理事務が簡単になった上、マイルを法人代表が使用して、法人代表が家族で旅行すると問題かもしれません。そのような状況では、従業員のモチベーションが下がる原因になる可能性もあります。

従業員が10人規模の企業は特に注意が必要です。法人カードを導入するときはポイントやマイルの使い方を少し考え、ルールを作っておいた方が良いでしょう。マイルの使い方だけの問題ではなく、法人クレジットカードの不正使用、つまり従業員が個人的なことに使用してしまう可能性もあるからです。

マイルは搭乗者のものであることを忘れないで

注意が必要なのはマイルというのは、ポイントとは少し性格をことにしていることです。マイルは飛行機に乗った搭乗者のものであることが、航空会社によって定められています。そのため、もしマイルが直接貯まる法人クレジットカードを利用すると、マイルは搭乗者のものになってしまうのです。ですから、仮に法人クレジットカードを使って、会社の経費を使って航空券を購入しても、マイルは法人代表のものにはなりません。

しかし、ポイントはマイルとは異なり、法人代表のものとして、メインカードに集約可能です。ですから、マイルが貯まりやすいからと、マイルが直接獲得できる法人クレジットカードより、ポイントが貯まるカードの方が確実にマイルを貯めるためには有意義だと言えます。

クレジットカードを申し込んだ時点で、まだ従業員がいない状態でも、いつ従業員が増えていくかはわかりません。そのためにも、少し効率が悪くてもポイントを貯めるタイプの法人カードの方がおすすめです。

ポイントをすぐにマイルに移行しないメリット

事業を始めたばかりのときはマイルを獲得して旅行に行こうと思っているかもしれません。しかしもしかしたら、仕事が忙しく、ポイントを使って経費を節約した方が良いと思うようになる可能性もあります。ですから、法人クレジットカードで受け取ったポイントは、すぐにマイルに移行しないでそのままにしておいたほうがいいでしょう。

しかし、マイルに移行する前にポイントの有効期限のチェックも忘れないようにしてください。うっかりしていると有効期限が切れてしまうかもしれません。

ポイントをマイルに移行するのは、ポイントの有効期限ギリギリがおすすめです。そうすれば、ポイントの有効期限とマイルの有効期限で、有効期限が長くなるからです。

ポイントをマイルに移行するときに損をしないか?

法人クレジットカードでは、ほとんどの場合マイルを直接もらえるわけではなく、ポイントを貯めて、マイルへ移行するという形になります。しかし、ここで注意するべきことがいくつかあります。ポイントが激減したり、マイルが使えなかったりして損をしないようにチェックしておいきましょう。

ポイントをマイルへ移行するときに、手数料がかかる法人クレジットカードがあります。また、有料プログラムに加入が義務付けられている法人クレジットカードもあるので、確認が必要です。 マイルへの移行方法を公式ページで、どのくらいの還元率でマイルに移行するか、その場合手数料は支払うのかを見ましょう。説明がない場合は、マイルへの移行ができない可能性もあります。

ポイントの有効期限もチェックしておきましょう。同じカード会社でも普通の法人クレジットカードとゴールドやプラチナではポイントの有効期限が異なります。普通の法人クレジットカードでは、ポイントの有効期限が1年しかない場合も。

ポイントをマイルにする場合に上限がある場合もあるので、カードを選ぶときに、利用するのはどのくらいかというシミュレーションが大切です。

上記のことを頭に入れて法人カードを選ぶ場合に参考にしてください。

マイルに課税される?雑所得にならないかチェック

航空会社が提供するクレジットカードでのマイルの取得は、航空運賃のディスカウントやシートのバージョンアップサービスということで、会社が提供してくれるサービスとして扱われます。しかし、航空会社以外の企業が提供するポイントをマイルにする場合は、現金の授受に近い取り扱いということになり、一時所得、雑所得になります。

わかりやすいように個人の場合を説明します。

個人の場合、50万円までの給与以外の所得は特別控除の対象です。総所得金額に入れると2分の1になるため、給与所得以外の所得金額が20万円以下であれば確定申告は必要ありません。

マイレージを利用して得た利益が90万円以内で、その他の雑所得がなければ確定申告の必要はありません。ですから、一般的なサラリーマンがマイレージで得る金額では確定申告の義務は生じないということです。

しかし、法人の場合、仕入れなどでどのくらいのマイルが出るか、どのくらい収入があるかにもよるので、注意が必要です。以前は法人クレジットカードでは、マイルを貯めることができない場合も多かったため、国税庁もスルーしていましたが、昨今は少しずつ状況が変わってきています。

税務調査で、引っかからないためにも、マイルなどがたくさんある場合は、その処理の仕方を税務署や税理士に問い合わせておいたほうがいいでしょう。

マイルを貯めるためにおすすめの法人クレジットカード

  • EX Gold for Biz

    経費処理の合理化が実現できる「EX Gold for Biz」

    年会費 初年度無料・以降2,000円(税別)
    利用枠 10〜300万円
    ブランド MasterCard
    おすすめ度
    ★★★★

    EX Gold for Bizは初年度の年会費が無料なので、初めての法人カードにもオススメの1枚です。 光熱費や通信費などの各種経費を1本化して、経費処理の手間を軽減することも可能。国税の納付利用でもポイントが貯まるのも魅力です。 今なら、新規入会でもれなく最大4,000円相当のオリコポイントがプ…

マイルが貯まるだけではなくメリット・デメリットを考えよう

法人クレジットカードによっては全くマイルがたまらないカードもあります。また、ポイントをマイルに移行できないカードや、移行できても還元率が悪いシステムの場合もあるので、マイルを貯めたいのであれば、慎重に法人クレジットカードを選びましょう。

法人クレジットカードとしてもメリットがたくさんあるおすすめの法人クレジットカードを紹介します。それはオリコEX Gold for Bizです。オリコEX Gold for Bizは、審査も比較的厳しくなく、マイル獲得以外にもたくさんメリットがあります。

オリコEX Gold for Bizのポイントシステム

オリコEX Gold for Bizは、1,000円を支払うごとに1ポイントが付与されます。オリコEX Gold for Bizでは、ポイントに0.1%が上乗せされるシステムですから、実質0.6%です。その上、年間利用額の多少によって翌年にポイント還元率がアップされ、100万円以上の利用で90%プラスになり、翌年は0.95%に、200万円以上の利用で1.1%になります。

経費や国税を法人クレジットカードで支払って入れば、使用金額はかなりのものでしょう。家賃が10万円として、その12倍だけでも100万円を超えてしまいます。ですから、オリコEX Gold for Bizの還元率は1.1%と考えても問題ありません。

マイルに移行するシステムは?

具体的に数字を用いてどのくらいマイルが貯まるのかをみていきましょう。オリコEX Gold for Bizは暮らスマイルというポイントシステムを持っています。1,000円のショッピングで1スマイル(ポイント)を獲得します。スマイルは直接マイルに移行できません。まず、オリコポイントに移行して、それからマイルに移行されます。200スマイルが600マイル、1,000スマイルが3,000マイルです。

オリコEX Gold for Bizで獲得したスマイルをオリコポイントにするためには、eオリコサービスに利用登録しなくてはいけません。しかし、登録は無料で、おまけに移行手数料も無料で、移行ポイントには上限がないので、どんどんマイルが貯まります。

スマイルの有効期間は獲得した月から2回目に迎える会員の誕生月までです。つまり、スマイルを獲得した月から13ヶ月~24ヶ月間ということになります。誕生月で常に有効期間が終わるのでチェックしやすいですね。

年会費もリーズナブルで、マイルを獲得しやすい

オリコEX Gold for Bizは年会費が、初年度無料で2年目から2,000円です。ゴールドカードでこの値段はとても良心的。また、経費でポイントが貯まりやすいシステムが色々あります。

ETCカードを年会費無料で発行できます。そのほか、国税もオリコEX Gold for Bizで支払い可能です。ですからどんどん使ってスマイルを貯め、マイルに移行しましょう。

その他オリコEX Gold for Bizのメリット

オリコEX Gold for Bizは海外及び国内旅行傷害保険がついています。海外の場合、最大2,000万円までの保証付きです。もちろん、病気にかかったり、怪我をしたりした場合の治療費・入院費などや盗難にあった場合の損害にも対応しています。国内旅行の場合は、最大1,000万円です。

マスターカードで申し込めば、「Mastercard T&E Savings」が利用でき、レストランを2名以上で利用した場合、1名分が無料です。その他、レンタカーや海外ホテルや航空券の優待サービスがあります。

海外旅行傷害保険が付帯しており、最大2,000万円までの保証付きです。もちろん、病気にかかったり、怪我をしたりした場合の治療費・入院費などや盗難にあった場合の損害にも対応しています。国内旅行傷害保険もついており、こちらは最大1,000万円までの保証です。

国内の各地にある空港ラウンジも利用でき、出張の際もゆっくりとした時間を過ごせます。

メリットいっぱいの法人クレジットカードでマイルも貯まる!

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

このページのタイトルとURLをコピー

SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気の記事