1. ホーム
  2. クレジットカード(法人)の記事一覧
  3. カードブランド
  4. MasterCard
  5. P-one Business Mastercardのメリット・デメリットと詳細
2019.05.06
14 views

P-one Business Mastercardのメリット・デメリットと詳細

このページの目次

会社経営をする人や個人事業主であれば、誰しもが「コストパフォーマンスに優れたビジネスカードを所有しておきたい」、「ビジネスを円滑に進めるために利便性に優れた法人カードを申し込みたい」と思われるのではないでしょうか?

そこで今回おすすめするビジネスカードが「P-one Business Mastercard」になります。

P-one Business Mastercardであれば、赤字決算でも申し込み可能であったり、年会費無料、キャッシング機能が最高300万円利用可能など、創業して間もない人にとっては強い味方となるサービスが数多く取り揃えられています。

そこで今回は、P-one Business Mastercardを検討していただくために、ビジネスカードとしての特徴やメリット・デメリット、さらには他社から発行されるビジネスカードとの比較など、あらゆる角度からP-one Business Mastercardを検証していますので、これからビジネスカードの申し込みを検討される人は参考にしていただけたらと思います。

P-one Business Mastercardの特徴

「P-one Business Mastercard」という名はあまり聞きなれないカードかもしれませんが、「ファミマTカード」などを発行している「ポケットカード株式会社」が発行するビジネスカードになります。

Mastercardのブランドになりますので、国際的なステータスを確保できることはもちろん、ビジネスシーンで利用することで、プライベートとの明確な区別ができますし、経費等の事業処理もスムーズに行うことが可能となります。

その他にも、キャッシングサービスや独自のポイントプログラム、カード付帯保険などがP-one Business Mastercardには備わっていますので、ビジネスをより合理的かつ効率よく運営するためにはP-one Business Mastercardは最適なビジネスカードと言えます。

以降では、より具体的にP-one Business Mastercardのメリット・デメリットについて挙げていますので、自分自身のビジネスのサポートとなるカードかどうかを判断していただけたらと思います。

メリット

通常ビジネスカードに申し込むとなると、審査を行う上で「設立から何年以上(3年以上)経つか」、「登記簿謄本の有無」、「決算書等の提出」、「経営状況」など、多くの審査基準が設定され、それらをクリアしたのちにビジネスカードを受けることができます。

事実、個人のクレジットカードの審査と比較すると、ビジネスカードの審査は提出書類も多く、審査の厳しいカードが多く、通過基準も高いと言われています。

しかし、P-one Business Mastercardの場合、赤字決算でも申し込みが可能になります。

通常赤字決算となると、審査を行ううえで審査が不利になる傾向があります。

また申告所得だけでなく、事業収支・資金計画書や指定信用情報機関の照合結果等、総合的に判断の上審査させるためより一層審査のハードルが高くなります。

またP-one Business Mastercardの審査結果は短く、最短であれば翌日には審査結果を知ることができます。早急にビジネスカードを必要する個人事業主の方や経営者であれば、P-one Business Mastercardはおすすめのカードと言えるでしょう。

年会費は実質無料

年会費初年度無料はもちろんですが、翌年以降も前年に1回でもカード利用があれば2000円+税は無料になります。

ビジネスカードであれば1年に一度の利用はほぼ確実とも言えますので、実質年会費は永久的に無料にすることができます。

「上限300万円」のショッピング・キャッシングが可能!

ビジネスを継続的かつ円滑に行うとなると最も苦労するのが資金面になります。

スタートアップ企業や個人事業主ともなると、創業からの期日が浅いと銀行からの融資を取り付けることもなかなか困難になります。

そこでおすすめなのが、P-one Business Mastercardの「キャッシング機能」を活用すると、資金繰りも安定的に行えます。しかも利用可能枠も最高300万円となっており、いざというときに心強い味方となるビジネスカードになっています。

キャッシングだけでなく、ショッピングの利用可能枠も最高300万円となっていますので、一般的にこれほどの枠を設けているビジネスカードも少ないため、ビジネスカードとしての目的で持つことと同時に「保険」としての意味でもP-one Business Mastercardを保有されることで、ビジネスにおける難局を乗り越えることができるのでおすすめのビジネスカードと言えます。

多彩な支払い方法に対応

多くのビジネスカードの場合、支払い時に支払い方法を選択することは出来ず、大抵の場合「1回払い」となってしまいます。

しかし、創業間もない会社や個人事業主となると、いくら経費扱いと言っても資金繰りに苦労することも多いかと思います。

そんなときにもP-one Business Mastercardはメリットを発揮します。1回払いの他に、分割払いやリボ払いにも対応しているため、高額な支払いに対しても柔軟に支払いをすることができます。

デメリット

続いて紹介するのはP-one Business Mastercardのデメリットについてです。

メリットの一方で、ビジネスを円滑に進める上で障壁になりかねないデメリットも存在しますので、申し込みをおこなう前に確認しておきましょう。

国内外の傷害保険が付帯しない

P-one Business Mastercardには、国内・海外の旅行に対する傷害保険が付帯していません。現在では、国内外の旅行傷害保険が付帯されたビジネスカードも多く発行されているため、保険の付帯がないのはデメリットに挙げられます。

P-one Business Mastercardには、「ポケットワールドデスク」や、人気のパッケージツアーの割引が行える「ポケットカードトラベルセンター」などのサービスがあるものの、付帯保険については乏しいため、海外の出張などを想定されている方は注意が必要になります。

ビジネスサポートサービスがない

個々人の環境やビジネス内容によっても異なりますが、ビジネスサポートサービスが付いていない点はデメリットかもしれません。

ビジネスサービスとしては、国内主要空港におけるラウンジサービスや、優待(宿泊・食事等)サービス、オフィス用品の販売、クラウド会計サービスなど、ビジネスを円滑にまわすためのサポートする内容が該当します。

しかし、P-one Business Mastercardにはこれらのサービスが付いていませんので、これらのサービスを受けたい人にはデメリットかもしれません。

法人カード選びとしてP-one Business Mastercardを比較

続いて紹介するのは、P-one Business Mastercardと他社から発行されるビジネスカードとの比較になります。

今回は「初心者向け」と「上級者向け」に分けてビジネスカードを比較していますので、現在の状態に沿ったビジネスカード選びをするようにしましょう。

初めてのカード選びとして比較

まずはじめに比較していくのは、初めてのカード選びになります。

初めてとのカード選びということであれば、ビジネスカードを選ぶ基準を「年会費」・「審査基準」・「サービス内容」の3点に絞って検討することが良いかと思います。

今回P-one Business Mastercardと比べるカードは下記の2点になります。

  • 三井住友ビジネスカードfor Owners
  • UC法人カード一般カード

三井住友ビジネスカードfor Ownersは、年会費1250円+税(インターネット入会で初年度年会費無料)で利用できるビジネスカードになります。

カード利用枠は10〜150万円と比較的低い設定となっていますが、キャッシングリボが最高50万円付く点や、支払い方法も多彩な方法から選択(1回・2回・分割・リボ・ボーナス一括)、ビジネスサポートや海外旅行のみの傷害保険が備わるなど、「三井住友カード」が誇るビジネスカードになります。

UC法人カード一般カードは、1250円+税で作れるUCカードが発行するビジネスカードになります。利用可能枠が最高で300万円と比較的高く、「永久不滅ポイント」という独自のポイントプログラムがあるため、永久的にポイントを貯めることが可能です。

そのため長期的視野でビジネスカードを利用する人であれば、UC法人カード一般カードのメリットを最大化享受することができます。

ステータス、年会費等の同レベルカードと比較

続いて比較していくのは、ステータスや年会費がP-one Business Mastercardと同等ランクに位置するカードによるものになります。

初めてのカード選びとは異なり、同レベルでの比較となると、検討する基準も変わってくることと思いますので、先ほどとは異なる観点から他社のカードを見ていこうと思います。

今回P-one Business Mastercardの同レベルとして比較するのは下記に挙げた2点のカードとなります。

  • アメリカンエキスプレスビジネスカード
  • ライフカードビジネスライト スタンダードカード

アメリカンエキスプレスビジネスカードは年会費12,000円+消費税とかなり高額となっています。

P-one Business Mastercardは2000円+税と比較するとよりおわかりいただけるかと思います。

アメリカンエキスプレスビジネスカードは他社のビジネスカードと比べると、マイレージ還元率が1%と高く、海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険はそれぞれ最高5000万円(利用付帯)、「ショッピングプロテクション」も年間最高500万円とかなり充実したサービス内容になっています。

ライフカードビジネスライトスタンダードカードは、年会費無料で使えるビジネスカードになります。

「クラウド会計ソフトの利用」、「弁護士無料相談サービス」、「福利厚生サービス(ベネフィット・ステーション)」、「旅行サービス」が備わっているため、ビジネスを効率よくさせるためのサービスが充実しています。

しかし、付帯保険や空港ラウンジサービス、ポイントサービスが付帯されていないため、ビジネスに特化した法人カードになります。

P-one Business Mastercardの基本情報データ

P-one Business Mastercardの基本データは以下の通りです。

・年会費:初年度年会費無料
*代表者カードのみ。前年度にクレジットカードのご利用があれば翌年度も無料。ご利用のない場合には、翌年度は2,000円(税抜き)
・還元率:約0.5%
(入会初年度は、国内でのショッピング利用で基本ポイント1.5倍、海外でのショッピング利用で基本ポイントが2倍)
・発行ブランド(国際ブランド):Mastercard
・カード利用枠:ショッピング上限300万円(要審査)
*分割手数料15.00%、ショッピングリボ払い手数料率12.00%〜14.95%
*従業員様カードの合計ご利用可能枠は、代表者様カードのご利用可能枠内となります。
従業員様カードのご利用分は、代表者様カードのご利用可能枠から差し引かれます。

・キャッシング利用枠:上限300万円(要審査)
*審査の結果、申し込みの意に沿えない場合があります。利用可能枠については、申し込み時に、お客様が指定された内容をもとに、当社での審査により決定いたします。またご利用可能枠は審査結果により異なります。(カードお届け時にカード台紙に記載のうえ、ご案内いたします。)
*キャッシング利率12.00〜17.95%

・お支払い方法:[ショッピング]1回払い・分割払い・リボ払い(あとリボくん/ショッピングリボ宣言/リボゾー)
[キャッシング]一括払い・リボ払い(あとリボくん/リボゾー)

・決済口座:[法人]法人口座or代表者本人の個人名義口座 [個人事業主]屋号のある個人事業主名口座or申込本人の個人名義口座

・特典サービス:
○ポケット・ポイント(対象カードで、ショッピングを利用いただくと、当社のポイントサービスが貯まる。)
○カーライフホッとライン(全国24時間365日利用できるロードアシスタントサービス)
○ポケットモール(ポケットカードが発行するポケット・ポイント、またはTポイントが貯まるクレジットカード会員様専用のお得なオンラインショッピングモール。楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング・エクスペディアなどで幅広く利用が可能)
○海外サポートサービス(旅行先でのホテル・レストラン等の予約、盗難紛失手続き、インフォメーションサービスと、世界中どこからでも対応。日本語可能。)
○レンタカー割引(全国レンタカー会社優待)
○ポケットカードトラベルセンター(国内外のパッケージツアー割引)

・Mastercad付帯サービス:mastercard T&E Savings、Mastercard SecureCode TM、その他サービス・キャンペーン

・カード付帯保険:紛失・盗難保険(カードの不正利用から会員様をお守りする紛失・盗難保障がセット。届けをいただいた日をはさんだ前後60日間、計121日間の損害額は、当社が会員規約に基づいて保証。インターネット取引での不正利用による損害も補償)、購入商品安心保険(年間300万円・免責金額3000円)*カードでの購入品を購入してから90日以内の偶然な事故の際に保証

・追加発行できるカード:ETCカード(発行手数料1,000円が必要)、従業員カード(最大5枚まで発行可能、ショッピング1回払いのみ、あとリボくん可、キャッシング不可)

・締め日:毎月末日締め切り
・お支払い確定日:毎月10日
・支払日:翌々月1日(金融機関休業日の場合は、翌営業日)
※ほとんどのサイトでは、「支払い日 1日」とあるか、「毎月締め切り1日、翌月1日引き落とし」と記載があります。ただ公式サイトには、下記のように記載があります。

・申込条件:個人事業主の方、法人代表者の方で、20歳以上の方(従業員カードは、18歳以上の方)
*ご契約は、個人事業主又は法人代表者との個人契約になります。資金用途は、「事業に係わる資金」に限ります。代表者カード及び従業員カードは、申込書に記載した代表者様の住所への郵送致します。

・ご利用明細:郵送、Web明細

まとめ

今回はP-one Business Mastercardについてあらゆる角度から紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

P-one Business Mastercardは、ビジネスを円滑に進めるためのサービス数多く備っています。特に申し込みの際に赤字決算でも申し込みが可能である点や、キャッシングサービスについても最高300万円利用可能と、創業間もない企業や個人事業主にとっては強い味方となります。

その他でも、支払い方法を臨機応変に対応できるなど、融通をきかせるにはもってこいのビジネスカードになります。

あくまでこれらは一例のため、みなさんが経営される会社にとってどのくらいのメリットを享受できるのか、ビジネスとの連動性はあるのかなど、しっかりとした軸を持って最高のビジネスカードを選択するようにしてください。

P-one Business Mastercardのメリット・デメリットと詳細

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

このページのタイトルとURLをコピー

SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気の記事