1. ホーム
  2. クレジットカード(法人)の記事一覧
  3. ポイントを貯めるなら個人用カードよりも法人クレジットカード
2019.02.21
15 views

ポイントを貯めるなら個人用カードよりも法人クレジットカード

法人クレジットカード作成時に重視したいポイント還元率!

還元率が高いクレジットカードはお得!

プライベートの支出よりも、ビジネスにおける経費は高額になるケースが多いです。そのため、ビジネスにおける経費決済のために法人クレジットカードを作成しておきましょう。作成するときのポイントは、ポイント還元率が高いカードを選ぶことです。たとえば、月間100万円の経費支払いがある法人の場合、還元されるポイントは次の通りです。

【月間100万円の経費支払いがある法人の場合】

  • 0.5%の還元率の法人クレジットカード:5,000円相当のポイントが還元
  • 1.0%の還元率の法人クレジットカード:10,000円相当のポイントが還元

上記からもわかるように、還元率によってポイント数が大きく変わります。ビジネスにおける経費の支払いというと1円でも減らしたいと思うものですよね。カードを作成するときは、還元率の高さに注目をしてみましょう。

個人用と法人用のカードのポイントが合算できるアメックスが優秀!

個人用と法人用のカードを使い分けると、ポイントの管理が複雑になって大変だと思う人もいるでしょう。そのような人は、アメリカン・エキスプレス・カードがオススメです。別名アメックスと呼ばれています。なぜ、アメックスカードなのかというと、個人用と法人用のクレジットカードのポイントが合算できるからです。

ポイントを合算することでたくさんのポイントを貯めていけます。また、アメックスカードでは、利用限度額を超えたらポイント還元率が変わるサービスがついているので、ボーナスポイントも付与されるでしょう。プライベートとビジネスシーンでお金を支払った際に受け取るポイントを合算したい場合は、アメックスカードを選ぶのもよいでしょう。

ポイント還元率の高い法人クレジットカードを選ぶポイント

ポイント還元率だけでなくポイントの使い道にも注目する

法人クレジットカードに限らない話ですが、ポイント還元率の高さだけではなくて、ポイントの使い道も考えてカードを選びましょう。経営者が持っておきたい法人クレジットカードは、ポイントを航空券に交換できる航空マイルが貯められるものです。

マイルは1マイルにつき2円~5円程度に替えることができるので、高い還元率で還元をうけることができます。また、各種商品券やキャッシュバックなどに利用できるカードも人気を集めています。

年会費と還元率のバランスに注意する

年会費の高額なプラチナカードやゴールドカードでは、一般的なカードと比較するとポイント還元率が優遇されるケースが多々あります。ただし、ポイント還元率だけでカードを比較する際には、格安年会費の法人カードでも充分にお得な還元率で利用できます。

ポイント還元率の高いクレジットカードでも、年会費が負担になってしまったら意味がありません。付帯サービスなどを重視せずに、ポイントを貯めたいと考えているだけであるならば、一般的なクレジットカードでもよいでしょう。大事なのは、年会費と還元率のバランスです。

ポイントの有効期限に注意する

ポイントを貯めるうえで1番気をつけたいのは、ポイントの有効期限です。法人クレジットカードのポイント有効期限はクレジットカードによって変わりますが、平均すると約1年~2年程度です。ポイントの有効期限のついているクレジットカードが多いです。ポイントの有効期限が短いと失効してしまうこともあるので、気をつけましょう。大量のポイント数が必要となるマイルへの交換の際は、有効期限が無期限のポイント活用が便利です。

条件によってポイント還元率が変わるカードにも注目

法人クレジットカードの中には、下記の条件に該当するとポイント還元率がアップするものもあります。

  • 年間利用額〇〇円以上で、ポイントアップ
  • 特約店でのショッピングをすれば、ポイントアップ
  • 専用モールを利用するときは、ポイントアップ

このような条件によってポイント還元率が変わるカードもあります。良く利用するサービスなどがある場合は、そこでポイントを貯められるカードを選ぶのも1つのポイントです。特に専用モールの有無は大きく差が出ます。中には、専用モールを利用すると10倍以上のポイント獲得という条件もあるので、よく確認してみましょう。

法人クレジットカードのポイントを効率よく貯めるコツ

ポイント還元率の高い法人クレジットカードを所有する

会社の経費で意外と高額の出費になるものは交通費ではないでしょうか?コインパーキング代金などは、1回の利用料金は安いですが、年単位の経費で考えると高額になりがちです。しかし、コインパーキングで法人クレジットカードを利用できません。

このようなクレジットカード払いが未対応なことが多くなっていますので、電子マネーを併用してポイントを貯めてみるとよいです。現金払いでポイントを取りこぼししないように電子マネーを利用してみましょう。

年間の利用総額で法人クレジットカードを選ぶ

年会費がかかるゴールドカードやプラチナカードでは、通常のクレジットカードよりもポイント還元率は高いです。しかし、ポイント還元率の差での損益分岐点を考えておくことが大切になってきます。還元率によって、元が取れる損益分岐点が変わってきます。どれぐらい年間で利用するのか、年会費はいくらのカードに入るのかの両面から法人クレジットカードを選ぶことが大切です。

法人クレジットカード決済をひとまとめにする

カードを思い切って1枚にまとめる方法も効果的です。支払いを一本化することで、ポイントが貯まりやすくなるでしょう。法人クレジットカードで支払えるものは、オフィス用品をはじめ、交通費や宿泊費、接待にかかるレストラン費用があります。また、電気やガス・水道などの公共料金の支払いや、法人税や消費税の税金の支払いにも活用可能です。

キャッシュバックなどのキャンペーンを利用する

カード会社ごとに、入会ボーナスキャンペーンやキャッシュバックキャンペーンの利用で、多くのポイントを得られます。カード会社の公式サイトからの申し込みが条件となることが多いので、各カード会社のキャンペーンはチェックしてみましょう。

ネット通販や特約店などを積極的に利用する

法人クレジットカードの多くには、特定の店舗やネット通販で購入することで、ポイントの還元率がアップするなどの特典があります。ポイントアップする店舗で買い物を積極的にすることで、効率的にポイントを貯めていくことができます。頻繁に利用する店舗やサービスがあれば、優遇が受けられる法人クレジットカードを利用してもよいでしょう。

ポイント還元率が高い法人クレジットカードのメリット

年会費とのバランスが取れる

法人クレジットカードには、年会費が無料になったり、条件によって年会費が無料となったりするものがあります。一方で、年会費が10,000円~130,000円以上の法人クレジットカードも存在します。年会費が高額になるクレジットカードほど、さまざまなサービスが受けられます。

また、付帯保険もついているものもあるのでチェックしましょう。仮にポイント還元率0.5%で、年間の利用総額が100万円なら、5,000円のポイント還元が見込めます。年会費とのバランスを考えて選ぶようにしましょう。

経費として使用できる

法人クレジットカードを利用して貯まったポイントを経費として利用できます。ポイント還元率が高いほど、ポイントは多く受け取ることができるのです。税務処理の際は、事業所得の雑収入として仕分けできます。年会費も経費計上できることを覚えておきましょう。

ポイント還元率が高い優秀な法人クレジットカード3選

JCB 法人カード

JCB 法人カードは、年会費1,250円(税抜)で保有できます。初年度の年会費は無料で、2年目から年会費が発生します。また、カードを追加発行する場合は、1枚につき1,250円(税抜)。JCB 法人カードのポイント還元率は、0.5%ですが、海外でカードを利用すると1%。

また、「OkiDokiランド」の経由にて、1~10%のポイント還元率が適用されるので見逃せません。また、提携店舗「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」を利用すると、還元されるポイントが10倍になることもあります。また、年間100万円以上利用された方は、翌年度のポイント還元率がアップ。

  • 年会費:(初年度)初年度無料/(2年目〜)1,250円+税
  • 追加カード:無料
  • ETCカード年会費:無料
  • 国際ブランド:JCB
  • 還元率:0.5〜3.0%
  • 申込資格:法人または個人事業主
  • 旅行傷害保険:(海外)最高3,000万円/(国内) 最高3,000万円

JCB法人カードの新規入会限定キャンペーン

JCB法人カードでは対象期間中にクレジットカードを作った方に下記をプレゼントしています。

  1. JCBギフトカード8,000円分プレゼント
  2. 使用者の追加で最大4,000円分のJCBギフトカードプレゼント

【対象期間】2018年10月1日(月)~2019年3月31日(日)カード入会受付分まで

JCB法人カードのキャッシュバックキャンペーン

携帯電話や公共料金の支払いをクレジットカード決済にすると、最大11,000円がキャッシュバックされます。

【対象期間】2018年9月16日(日)~2019年5月15日(水)利用分まで

  • JCB 法人カード

    経費の削減と業務効率化に役立つ「JCB法人カード」

    年会費 初年度無料・以降1,250円(税別)
    利用枠 10〜100万円
    ブランド JCB
    おすすめ度
    ★★★★★

    JCB法人カードを使えば公私の区分けを明確にできるので、経理作業がスムーズに進みます。1,250円という維持しやすい年会費は個人事業主にもオススメ。 スターバックスなどの特定店舗を利用すれば、還元率がさらにアップするのも魅力です。 ネットからの新規入会なら、最大7,000分のJCBギフトカードがプ…

EX Gold for Biz

EX Gold for Biz(エグゼクティブゴールドフォービズ)には、法人代表者用の「EX Gold for Biz M 」と個人事業主用の「EX Gold for Biz S 」の2つの法人クレジットカードが用意されているので、当てはまるカードを選びましょう。どちらのカードを作成しても、初年度の年会費は無料です。2年目から年会費2,000円(税抜)がかかります。

EX Gold for Bizの法人クレジットカードの魅力は、iDとQUICPayが標準で装備されているため、細々とした経費の決済にも役立ちます。利用限度額は10万円から300万円です。基本的なポイント還元率は0.5%ですが、法人クレジットカードの利用状況によって、翌年のポイント還元率が変わってきます。0.6%~1.1%にポイント還元率が上昇します。貯まったポイントは、ANAやJALのマイルに交換することができるので便利です。

  • 年会費:(初年度)年会費無料/(2年目〜)2,000円+税
  • 追加カード(税抜):無料(最大3枚まで発行可能)
  • ETCカード年会費:無料
  • 国際ブランド:VISA、Mastercard
  • 還元率:0.6〜1.1%
  • 申込資格:18歳以上の個人事業主、または法人代表者の方
  • 旅行傷害保険:(海外)最高2,000万円/(国内) 最高1,000万円
  • EX Gold for Biz

    経費処理の合理化が実現できる「EX Gold for Biz」

    年会費 初年度無料・以降2,000円(税別)
    利用枠 10〜300万円
    ブランド MasterCard
    おすすめ度
    ★★★★

    EX Gold for Bizは初年度の年会費が無料なので、初めての法人カードにもオススメの1枚です。 光熱費や通信費などの各種経費を1本化して、経費処理の手間を軽減することも可能。国税の納付利用でもポイントが貯まるのも魅力です。 今なら、新規入会でもれなく最大4,000円相当のオリコポイントがプ…

三井住友ビジネスカード

三井住友ビジネスカードは基本的な仕様のクレジットカードです。法人口座からの経費の引き落としを一本化したい法人様に人気を集めています。三井住友ビジネスゴールドカードの場合は、年会費が1,250円(税抜)です。追加でカードを発行する場合は400円(税抜)かかります。年会費は安いですが、旅行傷害保険(最高2,000万円補償)・ショッピング保険(年間100万円まで補償)などが付いています。

ポイントは1,000円の利用ごとに1ポイント貯まるので便利です。1ポイント5円に還元できるので、ポイント還元率は0.05%で他のクレジットカードと変わりません。しかし、三井住友ビジネスカードで貯まるワールドポイントは、200ポイント貯まらないと、ポイント交換ができないので気を付けましょう。

でも、ポイントUPモールなどを利用してショッピングをすると、ポイントが2倍~20倍。また、楽天やAmazonなどの定番の通販サイトもポイントUPモールの対象となっているので、賢くショッピングをされば、年会費の元は確実にとれるでしょう。

  • 年会費:(初年度)無料/(2年目〜) 1,250円+税
  • 追加カード(税抜):400円
  • ETCカード年会費:(初年度)無料/(2年目以降)500円+税
  • 国際ブランド:VISA、Mastercard
  • 還元率:0.5%
  • 申込資格:満20歳以上の個人事業主または法人代表者の方
  • 旅行傷害保険:(海外)最高2,000万円/(国内)無
  • 三井住友ビジネスカード

    中小企業向けの多機能な法人カード「三井住友ビジネスカード」

    年会費 1,250円(税別)
    利用枠 20〜150万円
    ブランド VISA
    おすすめ度
    ★★★

    三井住友ビジネスカードは、経費の可視化による手間の軽減で、業務の進行をスムーズにしてくれる法人カードです。 複数枚発行可能なETCカードや、送迎などで活用できる「VJタクシーチケット」など、多彩な特典でビジネスをサポートしてくれます。 新規入会なら、最大8,000円分のVJAギフトカードがプレゼン…

ポイント還元率の高い法人カードを利用すれば経費支払いで得ができる

法人クレジットカードを利用すると、経理計上が一本化になり楽になるだけではなくて、会社の経費の支払いで、ポイントを貯めていくことができます。ポイントが貯められるのは大きなメリットでしょう。これまでも説明しましたが、作成する際の大事なポイントは下記の通りです。

【作成時のポイントについて】

  • ポイント還元率だけではなく交換先にもこだわろう
  • 還元率とカードのサービスのバランスにも注意
  • マイル交換に利用できるポイントはお得!

ポイント還元率の高い法人クレジットカードを選ぶ際は、使い勝手のよさを重視しましょう。ビジネスサポートや付帯サービスなどのバランスを考えて選ぶことが大切です。また、ポイントをマイルに交換できるカードは、ビジネスシーンで幅広く活用できて人気です。企業の経費は年単位で考えるととても大きな額でしょう。

その経費の支払いで、少しでもポイントがつくといいですね。また、良く利用する店舗やサービスなどがある場合は、そこでポイントが貯まりやすいカードを選ぶとよいでしょう。カードの選び方で、賢く、お金を貯めていくことができます。ぜひ、この記事を参考にしてみて、あなたにあったクレジットカードを見つけてみてください。

ポイントを貯めるなら個人用カードよりも法人クレジットカード

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

このページのタイトルとURLをコピー

SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気の記事