1. ホーム
  2. クレジットカード(法人)の記事一覧
  3. 法人クレジットカードをリボ払いにするメリットは?
2019.02.21
50 views

法人クレジットカードをリボ払いにするメリットは?

法人クレジットカードとは?

会社の口座で引き落とされるカード

法人クレジットカードとは、個人の名前と会社の屋号が記されたクレジットカードで、使った金額が会社名義の銀行口座から引き落とされるようになっています。事業主のかたが、個人の支払いと会社の経費の支払いを分けて使うことで、明細の区分をより簡単にすることができるのがとてもスマートです。公私の区別がはっきりとして、経理上もとても便利になります。

個人のクレジットカードが家族カードを追加できるのと同じように、法人クレジットカードでは、社員のためのカードを追加で発行することができます。社員の経費利用をカードに一本化することによって、高速料金や新幹線や飛行機などの交通費、または、出張時のホテル代などをカードの明細で管理することができるようになります。

経費を社員スタッフに立て替えてもらったり仮払いしておいてもらったりする必要がなくなり、社内でのちょっとした金銭トラブルの発生を未然に防ぐことが可能です。

カードの審査基準は明記されていない

通常のクレジットカードの審査基準では、申し込み資格として、年齢や年収額などを審査されます。法人クレジットカードの場合は通常のカードとは異なり、カードの審査基準が明記されていないことが多いです。

しかし、一般的に、開業後3年以上であることや、直近の2期連続で黒字経営であることなど、どのカード会社もほぼ一定の資格の目安があるとされています。

ビジネス利用に便利な特典がいっぱい

法人クレジットカードには、ビジネス利用向けに特化したさまざまなサービスが特典としてついてくることがあります。たとえば、出張をより快適で効率よくするために、ラウンジサービスを利用できる特典がついています。落ち着いた空間で仕事をしたり、ラウンジ専用の高速Wi-Fiサービスを使えたり、空港での滞在時間をより快適に有効活用できるようになります。

さらに、出張向けの旅行損害保険があり、安心して仕事に集中できます。また、海外への出張の際にも、手荷物手配サービスや海外での携帯電話やWi-Fiルーターを手配してくれるサービスも付帯しているカードもあり、ビジネスで利用するのにとても便利になっています。

個人事業主でも法人カードを利用できる

法人クレジットカードは、法人を登録する必要があるので、個人事業主の場合でも利用できるのかという質問がよくあります。個人事業主でも法人クレジットカードを作成することが、たいていの場合は可能です。

引き落としの口座には、個人事業主本人の個人名義の銀行口座でも大丈夫ですし、事業で使っている屋号名義の銀行口座でも作成できるようになっています。しかし、カード会社のなかには、個人事業主としての法人クレジットカード利用を認めていない場合がありますから、前もってよく確認しておくことが肝心です。

法人クレジットカードの不正利用

社員スタッフに渡しているカードを、私的なことに流用されるという恐れがあるのがデメリットです。社用車にガソリンを入れているかのようにして、個人所有の車のガソリン代にされてしまったなどのケースが不正利用の主なトラブル要因です。

また、カードに貯めたポイントやマイルなどを、社員スタッフに勝手に使用されてしまうということも起こりかねません。ルールを決めて管理を徹底することで、法人クレジットカードのメリットをより大きく活用することが可能になります。

リボ払いとは?

リボルビング方式による支払い

リボ払いは、リボルビング方式の支払いを略したものです。クレジットカードの支払い方法は、主に3つあり、一括支払い、分割払い、そしてリボ払いです。

月々の支払額を一定にするサービス

リボ払いとは、カードで支払った金額がいくらであったとしても、当月分の支払額の最大を、設定した一定の金額に抑えることができるようにしてくれるサービスです。

使用した金額と、各月の支払額の差額は、次月以降に繰り越されていき、各月の支払いの最大額も設定した一定の金額以内にすることができるようになっているのです。

繰り越された金額には、利子が加算されてしまいます。要するに借金をしていることと同じ意味合いになるのです。しかし、支払いの額を調整できることで、支出をコントロールすることができ、便利に使えるメリットがあります。

リボ払い特典

リボ払いには、利子がついてしまうというデメリットがありますが、それを大きく補ってくれるほどのたくさんの特典があります。リボ払いに登録するなら、キャッシュバックが受けられるようになっていることもありますし、付与されるポイントの付与率がリボ払いに登録しているときだけさらに優遇されるようにしてくれることもあります。

無計画でキャンペーンに飛びついてしまうなら、カード会社の思うつぼですが、使い方によっては、特典を得られる条件を満たす方がかなりお得になることもあり、検討の価値があります。

カードの月々の支払額を調整できるのがメリット

月々の支払額の上限が固定になる

リボ払いのメリットは、カードで使った金額が予算よりオーバーしていたとしても、その月の支払いは、設定した金額を上限として、それ以上金額が上がらないというポイントです。これによって、カードの引き落とし口座の残高をある程度分かりやすく管理することができます。また、厳しい予算を考えるあまり積極的な投資ができないという悩みからも、解放されることになります。

クラウド会計ソフトとのスムーズな連携

クラウド会計ソフトには、クレジットカードの利用情報を自動で分類してくれる機能があります。ビジネス用途での買い物などの支払いをなるべくカードですることによって、経理の事務作業を大幅にカットすることができるようになるのです。

リボ払いのような複雑な会計処理が必要な場合でも、一部手で修正する必要が生じることがありますが、自動分類は機能します。

税金の支払いもカードで

最近では、さまざまなタイプの税金もクレジットカードで支払いができるようになっています。リボ払いのできる法人クレジットカードでは、さらにメリットを大きく感じることができます。たとえば、税金には支払いの法廷納期がありますが、その期限を超えてしまうと、延滞税が加算されてしまいます。

クレジットカードでの支払いであれば、手元に現金がないという場合でも、期限内に支払いの手続きを完了させることができます。さらにリボ払いにしておくことによって、税金の額の負担を数カ月先にまで伸ばすことができるのです。

税金を法人クレジットカードで支払うことのメリットは、ポイントが付くこと、経理上の一元管理ができること、支払いに行く手間が省けることだけでなく、現金が今なくても支払い手続きができるというところも大きなポイントですね。

リボ払いに適用される特典がある

年会費の割引

法人クレジットカードでリボ払いを使用するように設定するなら、年会費の割引の特典がついている場合があります。たとえば、「三井住友ビジネスカード for Owners」の「マイ・ペイすリボ」というリボ払いのサービスに加入するなら、年度内にカードを利用したなら年会費が最大無料になります。

ポイントが増える

法人クレジットカードでリボ払いをするなら、提携しているポイントサービスのポイントが、より多くもらえるようになります。リボ払いになっている金額のみポイントが2倍付くという場合や、リボ払いが含まれる月のすべてのポイント加算が2倍になるという場合もあります。

福利厚生

法人クレジットカードには、福利厚生の優遇特典が付いているものがあります。ホテルでの宿泊やさまざまなレジャー施設の利用が割引価格になるのです。会社のスタッフで研修として出かけたりするのにピッタリな特典があるのが、法人クレジットカードの特徴ですね。

実質は借金と変わらず利子を払わなければいけないデメリット

いくら利用したかがわかりにくい

法人クレジットカードのリボ払いサービスを利用するなら、実際に使用した金額の請求が来るわけではないので、当月にいくら使ったということを把握するのに、時間がかかってしまう場合があります。カードの請求明細を見て、「使いすぎた」とか、「来月は節約しないと」という判断をしているという場合には、よりわかりにくい状況に陥ってしまう可能性があります。

繰り越しになった支払いには高額の利子が付く

資金繰りにメリットを感じられる法人クレジットカードのリボ払いですが、繰り越した金額には高額の利子が加算されるようになってしまいます。法人として銀行からお金を融資してもらうというシーンは多々あると思いますが、法人クレジットカードのリボ払いをその代わりに使うというのは、利子が高くつきますから、おすすめできる方法ではありません。

すべての経費をクレジットカードで払えるわけではない

会社の経費としてどれだけ使ったということを一元管理できるというのがメリットなのですが、すべての支払いをカードでできるわけではありません。カードが全く使用できないというお店もありますし、リボ払いとして支払いできないという状況もあるでしょう。管理から外れてしまった経費を後でまとめる作業がどうしても必要になってしまいます。

または、税金の支払いの場合のように、カードで支払いをすることで、別の手数料を徴収されてしまうというケースもあるでしょう。

繰り上げ返済ができない

法人クレジットカードのリボ払いは、一般のクレジットカードと異なり、返済を繰り上げて行なうことが基本的にできません。一般のクレジットカードの場合は、手元の資金に余裕があるときなどに、その月の返済額より多くの額を返済して、支払い回数を短縮します。短縮された分だけ利子の額が減るので、リボ払いを前倒しにして返済するメリットがあるのです。

法人クレジットカードの場合は、一般的に、返済を繰り上げて行なうことを受け入れてくれない場合が多いです。決定したリボ払いの上限額を支払うことしかできず、資金状況に合わせて利子を減額させるようにコントロールすることができないようになっているのが、デメリットになっています。

法人クレジットカードにはキャッシングがついていない

ほとんどの法人クレジットカードには、キャッシング機能がついていません。それもそのはず、法人クレジットカードは個人クレジットカードと違って、カードを所有している個人が審査されているというわけではなく、会社の支払い能力が審査されます。

しかし、法人の支払い能力の審査は個人を審査するのに比べてかなり難しくリスクが読みにくいため、キャッシング機能については、使用不可能とするケースが大半であるというわけです。

リボ払いができる法人クレジットカードは限られている

リボ払いできるカード自体も少ない

法人クレジットカードのカテゴリーでは、リボ払いができるようになっているものはまだ一般的でなく、リボ払いができないという場合も少なくありません。どんなリボ払いできる法人クレジットカードがあるでしょうか。

JCB 法人カード

「JCB 法人カード」は、リボ払いができる法人クレジットカードです。おすすめのポイントは、ゴールドカードも初年度は年会費無料で使えるようになっているところです。また、JCBの電子マネーサービスである「QUICPay」を追加できるところも魅力的ですよね。ビジネスで使用するものを簡単タッチだけで購入できるようになりますね。

さらに、JCBのポイントプログラムの「Oki Dokiポイント」も付与されていきますから、特典商品もすぐにゲットできてしまいますよ。

  • JCB 法人カード

    経費の削減と業務効率化に役立つ「JCB法人カード」

    年会費 初年度無料・以降1,250円(税別)
    利用枠 10〜100万円
    ブランド JCB
    おすすめ度
    ★★★★★

    JCB法人カードを使えば公私の区分けを明確にできるので、経理作業がスムーズに進みます。1,250円という維持しやすい年会費は個人事業主にもオススメ。 スターバックスなどの特定店舗を利用すれば、還元率がさらにアップするのも魅力です。 ネットからの新規入会なら、最大7,000分のJCBギフトカードがプ…

EX Gold for Biz

オリコカードの「EX Gold for Biz(エグゼクティブ・ゴールド・フォー・ビズ)」カードは、個人事業主のかたにも、法人での利用にもおすすめできる法人クレジットカードです。ビジネスをより快適にするためのさまざまなサービスが特典として付与されていて、とても便利なのです。

まず、出張をより快適にするために、このカードを持っているだけでラウンジサービスをさまざまな空港で利用できるようになり、フライト待ちの時間を落ち着いた空間で仕事に有効活用できますし、高速のWi-Fi接続のサービスもあります。さらに、クラウド会計ソフトとのデータの連携がとてもスムーズになっているだけでなく、会計ソフトの有料プランをよりお得な価格で使用できるようにもなっています。

  • EX Gold for Biz

    経費処理の合理化が実現できる「EX Gold for Biz」

    年会費 初年度無料・以降2,000円(税別)
    利用枠 10〜300万円
    ブランド MasterCard
    おすすめ度
    ★★★★

    EX Gold for Bizは初年度の年会費が無料なので、初めての法人カードにもオススメの1枚です。 光熱費や通信費などの各種経費を1本化して、経費処理の手間を軽減することも可能。国税の納付利用でもポイントが貯まるのも魅力です。 今なら、新規入会でもれなく最大4,000円相当のオリコポイントがプ…

三井住友ビジネスカード

「三井住友ビジネスカード」は、三井住友ビザカードブランドの法人クレジットカードです。ビジネスでよく使うさまざまなサービスをお得に利用できるのが魅力です。たとえば、ETCカードを年会費無料で複数枚作成することができ、たくさんの社用車を持っているという業種でも高速道路料金をひとまとめにして管理することができます。

また、新幹線での出張のときに、よりスムーズでスピーディーにチケット手配できる、プラスEXサービスというネット予約チケットレスサービスと提携しています。さらに、宅配サービスやオフィス用品の購入やレンタカーなどのビジネスに必須のサービスをお得に使える割引価格で提供してもらえるようになり、経費をたくさん節約できます。

  • 三井住友ビジネスカード

    中小企業向けの多機能な法人カード「三井住友ビジネスカード」

    年会費 1,250円(税別)
    利用枠 20〜150万円
    ブランド VISA
    おすすめ度
    ★★★

    三井住友ビジネスカードは、経費の可視化による手間の軽減で、業務の進行をスムーズにしてくれる法人カードです。 複数枚発行可能なETCカードや、送迎などで活用できる「VJタクシーチケット」など、多彩な特典でビジネスをサポートしてくれます。 新規入会なら、最大8,000円分のVJAギフトカードがプレゼン…

法人クレジットカードをリボ払いにするメリットは?

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

このページのタイトルとURLをコピー

SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気の記事