1. ホーム
  2. クレジットカード(法人)の記事一覧
  3. カードブランド
  4. アメリカン・エキスプレス
  5. セゾンプラチナアメックス法人カードの良し悪しと全知識
2019.04.09
265 views

セゾンプラチナアメックス法人カードの良し悪しと全知識

このページの目次

一般的に、クレジットカードのランク(プラチナ・ゴールドなど)が上になるほどサービス等が充実しますが、一方で年会費の負担は大きくなります。豊富なサービスを、少しでも少ない年会費負担で利用したいという経営者は多いはずです。

「セゾンプラチナアメックス法人カード」は、まさにそんな経営者にオススメする法人カードです。

そこで、この法人カードのメリットやデメリットについて解説します。

セゾンプラチナアメックス法人カードの特徴

プラチナカード

一般的なクレジットカードは「一般カード」の上に「ゴールドカード」があり、そのさらに上に「プラチナカード」が存在します。

クレジットカードとしての機能は基本的に同じですが、付帯するサービスが大きく異なるのです。

また、ランクが上がるごとに同じ系列のカードでも年会費が大きくアップする点も無視できません。

セゾンプラチナアメックス法人カードも、名前の通りプラチナ法人カードの一種です。

つまり、付帯サービスが豊富な一方で、年会費の負担が大きいので経営者としては悩みどころに感じるかもしれません。

ところが、このカードの特徴として「年会費が比較的安い」という点が挙げられます。

一般的なプラチナカードの年会費が50,000円~100,000円以上であるのに対して、セゾンプラチナアメックス法人カードの年会費は10,000円~20,000万円と、ゴールドカード並みの年会費の値段設定になっているのです。

メリット

もちろん、年会費が安いことだけが、セゾンプラチナアメックス法人カードのメリットではありません。

前述の通りプラチナカードはゴールドカード以上にサービスが充実しており、このカードもその例にもれません。

具体的には以下のメリットがあります。

  • 条件次第で年会費が半額に
  • プラチナカード限定の各種サービスが付帯
  • 旅行や生活に役立つ各種サービスも充実
  • インビテーション不要で申し込み可能
  • 最高1億円の旅行傷害保険が付帯
  • 有効期限のないポイントが付与される

これらのメリットにはどのような恩恵があるのか、個別に詳しく解説します。

条件次第で年会費が半額に

セゾンプラチナアメックス法人カードの年会費はプラチナカードとしては破格の20,000円ですが、これをさらに安くすることもできるのです。

このカードの利用金額が年間で200万円を超えた場合、次年度の年会費が20,000円から10,000円に割引されます。

法人カードの利用額が多いことを見越している場合、後述するプラチナカードの恩恵を安い年会費で満喫できるのでかなりオススメです。

プラチナカード限定の各種サービスが充実

セゾンプラチナアメックス法人カードは名前の通りプラチナカードなので、プラチナカードならではの限定サービスを利用することができます。ビジネスプラチナ会員限定のサービスは以下の通りです。

  • ビジネスアドバンテージ
  • 年会費優遇
  • 選べる引き落とし口座
  • 利用明細データのダウンロードサービス

個別に見ていきましょう(年会費優遇はすでに説明しているので省略)。

「ビジネスアドバンテージ」は、ビジネスの効率化に役立つ優待プログラムです。事務用品やレンタカーなど、ビジネスで利用するさまざまなサービスを優待価格で利用することができます。もちろん、料金交渉の手間は必要ありません。経費削減に大いに役立つことでしょう。

「選べる引き落とし口座」は、法人カードでありながら引き落とし口座を「個人名義口座」でも設定できるサービスです。もちろん法人名義口座も選ぶことができますので、事業の実情に応じて口座を選べるため経費管理がスムーズになります。

「利用明細データのダウンロードサービス」は、カードの利用明細のデータをダウンロードすることができるサービスです。会員専用のインターネットサービス「Netアンサー」にて、直近3か月分のカード利用明細データ(利用日、利用店名、利用金額、支払金額など)をCSVデータ形式でダウンロードできます。

旅行や生活に役立つ各種サービスも付帯

セゾンプラチナアメックス法人カードには、プラチナ会員限定サービス以外にもさまざまな特典が用意されています。具体的には以下のサービスを利用することができるのです。

  • 永久不滅ポイントの付与
  • セゾンマイルクラブ
  • オントレentree(ホテルやダイニング、スパなどの優待サービス)
  • セゾンプレミアムゴルフサービス
  • Dramatic Time!(会員限定プログラム)
  • カードデスクサービス(セゾンプラチナアメリカンエキスプレスカード会員専用のコールセンター)
  • 空港送迎サービス
  • 旅行サービス
  • トラベルインフォメーション
  • アメリカンエキスプレスコネクト(カード会員だけの優待特典を紹介するWebサイト)
  • 各種サービスの優待
  • 各種ビジネスサポートサービス(弁護士紹介サービスなど)
  • 会員限定チケットサービスe+

インビテーション不要で申し込み可能

プラチナカードの中には、下位ランクのカードの利用実績等に応じてインビテーション(招待)が行われることで初めて入会することができるカードがあります。

しかし、セゾンプラチナアメックス法人カードの場合は異なります。

このカードの入会資格には「個人事業主または経営者の方(学生、未成年を除く)」とだけ記載されており、インビテーション等の特殊な条件は記載されていません。

もちろん審査に通る必要はありますが、インビテーション不要で高ステータスのプラチナカードを所有できるのは嬉しいポイントです。

最高1億円の旅行傷害保険が付帯

クレジットカードといえば「旅行傷害保険」が付帯されていることが特徴の1つです。

カードごとに補償の最大額が異なりますが、セゾンプラチナアメックス法人カードに付帯する旅行傷害保険はクレジットカードの中でも最高ランクの補償額となっています。

このカードに付帯されているのは以下の旅行傷害保険です。

  • 海外旅行傷害保険:最高1億円
  • 国内旅行傷害保険:最高5000万円

有効期限のないポイントが付与される

クレジットカードといえば「ポイント還元」ですが、気になるのが「有効期限」でしょう。

例えば「付与から1年で失効」となると、なかなかポイントを貯められず、高額ポイントのサービスを利用することが難しいです。

しかし、セゾンプラチナアメックス法人カードで付与されるポイントには有効期限がありません。

その名も「永久不滅ポイント」、名前の通り有効期限が無く、時間経過によって失効しないのが特徴です。

法人カードでは、法人税や固定資産税など、事業に関係するさまざまな税金をカード払いすることができますが、その際にも永久不滅ポイントが付与されます。

1,000円ごとに1ポイントですが、海外での利用の場合には2倍のポイントが付与されます。

デメリット

メリット豊富なセゾンプラチナアメックス法人カードですが、デメリットが存在しないわけではありません。具体的には以下の内容が挙げられます。

  • 年会費が無料にならない
  • 手荷物無料宅配サービスが利用できない
  • 審査基準が「法人」ではなく「個人」
  • 即日発行できない

個別に見ていきましょう。

年会費が無料にならない

1つ目のデメリットは「年会費が無料にならない」ことです。

クレジットカードの中には「基本で年会費無料」または「条件次第で年会費無料」など、年会費のかからないカードも少なくありません。

前述の通りプラチナカードの中では破格の年会費の安さであるセゾンプラチナアメックス法人カードですが、最安値でも10,000円までしか割引してもらうことができません。

良い意味でそれに見合わない豊富なサービスを利用できるのがメリットではあるのですが、ビジネスの場面において必ずしも必要とはいえないサービスも少なくありません。

メリットの項目で紹介したこのカードのサービス面でのメリットが不要だという経営者の場合、10,000~20,000円という年会費でも高く感じてしまう可能性があります。

また、このカードは追加カードを最大で4枚まで発行できますが、追加カード1枚につき3,000円の年会費がかかるので、本カードの年会費と合わせて最大で32,000円の年会費がかかる計算になります。

手荷物無料宅配サービスが利用できない

セゾンカードでは、「ブルー」および「ゴールド」のランクにおいて提供されているサービスの1つに「手荷物無料宅配サービス」があります。

これは、対象となる空港で国際線を利用する際、空港から自宅までスーツケース1個を無料で配送してくれるサービスなのです。

しかし、上位ランクであるはずのセゾンプラチナアメックス法人カードでは、このサービスが付帯されていません。

ビジネスカードというだけあって家庭向けのサービスである宅配サービスは不要だということでしょうか。

審査基準が「法人」ではなく「個人」

クレジットカードでは、必ず「審査」を行います。法人カードの場合、審査対象となるのは基本的に「法人」であり、法人登記からの年数経過や決算状況などが申し込み資格となることが多いです。

しかし、セゾンプラチナアメックス法人カードの場合は審査対象が法人ではなく、申し込みした「個人」が対象となります。

つまり、法人が設立直後であったり経営状況が悪かったとしても、審査に通る可能性があるということなのです。

逆に言えば、審査対象となる申込者の信用情報が悪ければ、審査に通らないということになります。

仮に法人の決算状況等が良好であっても、申込者の信用が認められなければ審査に通らない可能性が高くなるのです。

即日発行できない

クレジットカードの中には「即日発行OK」というカードがあります。

条件を満たせば、申し込んだその日のうちにクレジットカードを利用できるという、利便性の高い特徴です。

では、セゾンプラチナアメックス法人カードの場合はどうなのかといえば、残念ながら即日発効には対応していないようです。

公式サイトによると、審査結果メールが到着した日の翌日から数えて、カード発送までに最短でも3営業日かかるとしています。

どうしても申し込み当日からカードを使いたい事情があるのであれば、残念ながらセゾンプラチナアメックス法人カード以外のカードに申し込む必要があるのです。

法人カード選びとしてセゾンプラチナアメックスを比較

法人カードは数多く存在しますから、申し込むカードの選択肢があるということです。少しでも満足できるカードを作るためには、セゾンプラチナアメックス法人カード以外のカードとの比較も重要になります。

初めてのカード選びとして比較

初めてプラチナ法人カードを選ぶということは、インビテーション不要で申し込み可能なものを選ぶ必要があります。インビテーション不要で申し込めるプラチナ法人カードには以下のカードが挙げられます。

  • 三井住友ビジネスプラチナカード for Owners
  • 三井住友ビジネスプラチナカード

「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」は、満30歳以上の個人事業主や法人代表者が作成できるカードです。

審査基準がゆるめで、審査に通りやすいともいわれているプラチナ法人カードでもあります。

「三井住友ビジネスプラチナカード」は「for Owners」と同じ年会費ですが、法人のみが申し込みできる法人カードです。

VISAとMasterCardの2つのブランドから選べますが、年会費を5,000円プラスすることで両方のカードブランドを所持することができます。

インビテーション不要で申し込める他にも、審査に通りやすいかどうかも重要なポイントになります。

また、審査基準が法人なのか個人なのかについても、特に設立直後の会社の経営者にとって重要なポイントです。

ステータス、年会費等の同レベルカードと比較

年会費が同じ水準のプラチナ法人カードは以下の2つが挙げられます。

  • JCBプラチナ法人カード
  • MUFGカードプラチナビジネスアメリカンエキスプレスカード

「JCBプラチナ法人カード」は、年会費30,000円のプラチナカードです。

ポイント還元率はセゾンプラチナアメックス法人カードと同じく0.5%ですが、条件次第で最大10%のポイント還元が行われるというメリットがあります。

「MUFGカードプラチナビジネスアメリカンエキスプレスカード」は、セゾンプラチナアメックス法人カードと同じく年会費20,000円で持つことができるプラチナ法人カードです。

アメックスプラチナカードならではの充実したサービスが付帯しています。

ステータス性が高いとはいえ、経費節約のためには年会費の安いカードは大きなメリットがあります。セゾンプラチナアメックス法人カードのように年会費が安くなる条件についても比較すると良いでしょう。

セゾンプラチナアメックス法人カードの基本情報データ

セゾンプラチナアメックス法人カードの基本データは以下の通りです。

  • 年会費:20,000円
  • 還元率:約0.5%
  • 国際ブランド:American Express
  • 利用限度額:非公開
  • 海外旅行傷害保険:最高1億円
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円
  • 追加発行できるカード:ETCカードと追加カード
  • 締め日:10日
  • 支払日:4日
  • 申込条件:個人事業主または経営者の方(学生、未成年を除く)

まとめ

セゾンプラチナアメックス法人カードは安い年会費で高いステータス性を持つ法人カードです。年会費の負担を少しでも少なくして、プラチナカードを持ちたい経営者にオススメします。

年会費を無料にすることはできないものの、プラチナ法人カードの中では破格の年会費の安さを誇ります。

審査基準として法人ではなく個人の信用情報が見られますので、申込者の信用情報には十分に注意してください。

付帯サービスはプラチナカードならではの豊富で充実したラインナップが用意されています。積極的に使いこなして、プラチナ法人カードの良さを満喫してください。

セゾンプラチナアメックス法人カードの良し悪しと全知識

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

このページのタイトルとURLをコピー

SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気の記事