1. ホーム
  2. クレジットカード(法人)の記事一覧
  3. カードブランド
  4. MasterCard
  5. UC法人カードの一般カードのメリット・デメリットと詳細まとめ
2019.05.15
161 views

UC法人カードの一般カードのメリット・デメリットと詳細まとめ

このページの目次

法人や個人事業主を運営される方にとって最大のテーマとなるのが、「経費管理の合理化」や「資金運用の効率化」、「円滑な経営」などが挙げられると思います。

しかしこれらの作業を一人で担うのは大変労力がいるため、サポートする手段が必要不可欠となります。

そこで有効活用していきたいのが法人カード(ビジネスカード)です。

今回は、数ある法人カードの中から「UC法人カードの一般カード」を紹介していきます。

個人用のクレジットカードとしても馴染みのあるUCカードですが、法人カードも数多く展開しています。

そこでUC法人カードの一般カードがどのような特徴を持つのか、メリットやデメリット、他社から発行される法人カードとの比較などとあわせて解説していきます。

UC法人カード一般カードの特徴

UCカードは、テレビCMなどでお馴染みなクレジットカードなのではないでしょうか。

UC法人カードの一般カードは、「ユーシーカード株式会社」が発行する法人専用のクレジットカードになります。

なかでも有名なのが、「永久不滅ポイント」になります。通常の場合有効期限が設けられるポイントですが、UC法人カードの一般カードであれば、有効期限がないため、長期的な視野で経費で支払って得たポイントをギフトカードやアイテムと交換することができます。

またUC法人カードの一般カードは、国際ブランドである「VISA」と「Mastercard」 から選択することができます。それぞれにビジネスサポート「Visaビジネスオファー」・「Mastercardビジネスアシスト」といったサービスが受けられますので、ビジネスサポートの内容からどちらのブランドを選択するかを選ばれるのも一つの手段であると思います。

この他にもUC法人カードの一般カードには、数多くの良し悪しがありますので、以降その部分について具体的に紹介していこうと思います。

メリット

まずはじめに解説していくのがUC法人カードの一般カードのメリットになります。

UC法人カードの一般カードは法人カードとして利用する上で、利点となる部分を多く兼ね備えた法人カードになります。

利用可能枠も最大「300万円」

UC法人カードの一般カードの利用限度額は最大で300万円とされています。あくまで審査状況に応じて利用限度枠は設定されますが、上限額が高いに越したことはありません。

利用枠が大きければ、経費や諸費用等の支払いも一本化することが可能となるので、指定した法人口座からまとめて引き落としができ、業務の効率化が図れます。

最大のメリット「永久不滅ポイント」

個人用のクレジットカードと同じように、法人カードにも使った分だけのポイントが付与されます。ビジネスや業務を行う上で、法人カードを利用する機会が多いだけに、ポイントに対する考え方も見方を変えれば大きなメリットになり得ます。

しかし、通常の法人カードですと、貯めたポイントの有効期限は1年から2年であることが多く、その期間を過ぎてしまうとポイントは失効されてしまいます。

しかし、UC法人カードの一般カードであれば、名前の通り「永久不滅」にポイントを貯めることができますので、他社のようなポイントが失効されるなどのリスクはなく、長期的にポイントを貯めることができますので、経費削減効果を最大限発揮します。

「永久不滅ポイント」は、1000円で1ポイント貯まる仕組みとなっており、1ポイント5円相当とされています。

貯めたポイントは、ギフトカードや300種類以上のアイテム、ビジネスや福利厚生に役立つアイテム、ポイント移行して使うなど、幅広く転用することが可能です。

還元率で換算すると0.5%と一般的な法人カードと比較しても、あまり遜色ないUC法人カードの一般カードですが、「永久不滅.COM」を経由してお買い物をすると、貯まるポイントを最大30倍まで増やすことができますので、着実にUC法人カードの一般カードの利用価値を高めることができます。

ETCカードは最大「99枚」まで発行可能

UC法人カードの一般カードは仕事で自動車を使う法人や個人事業主にも最適です。

通常ですとせいぜい数枚程度の発行のみとなるETCカードを最大で99枚まで発行することが可能です。

創業間もない法人や個人事業主であれば、ここまでの枚数が必要になることはないかと思いますが、中小企業など社員を雇用する企業であれば、社用車の台数分ETCカードは必要となります。それらのニーズにも対応できる法人カードとなります。

もちろんETCカードについても、バラバラではなく一括で管理・請求されるため、利用者ごとの明細管理等も可能となり、より一層業務効率を高めることができます。

デメリット

続いてUC法人カードの一般カードについて解説していきます。

メリットの一方で、確認しておきたいデメリットも存在しますので、メリットばかりに注視せずにデメリットもしっかりと確認しておきましょう。

「海外・国内旅行傷害保険」・「ショッピング保証保険」は付帯されていない

UC法人カードの一般カードには、「海外旅行傷害保険」や「国内旅行傷害保険」、「ショッピング補償保険」などのサービスが付帯されておりません。

そのため、ビジネスをする上で出張などを多くされる人にとっては、これらの保険が付帯されていてないのはデメリットになり得ます。

UC法人カードの一般カードの一つ上のランクとして「UC法人カードゴールドカード」が存在します。こちらのカードであれば、「海外・国内旅行傷害保険」も最大5000万円まで補償、「ショッピング補償保険」も年間300万円まで補償(購入日よひ90日間)と手厚いサービスが受けることができます。

仮にこれらのサービスも付与されたいと思うのでしたら、UC法人カードゴールドカードを検討されてみてはいかがでしょうか?

一般カードと言えども年会費は無料にならず

通常の一般カードの場合「(初年度)年会費無料」を謳う法人カードが多いなか、UC法人カードの一般カードは初年度から年会費として1250円+税(1枚あたり)がかかってきてしまいます。年会費として金額は高くないものの、やはり無料より高いものはないかもしれません。

あくまでも経費削減や業務効率化という名目のもと、法人カードを作るわけなので、微々たる年会費の支出であっても気をつけたほうがよいかもしれません。

柔軟に支払いを対応できない

UC法人一般カードの支払いスケジュールは、「毎月10日締め」・「翌月5日支払い」と定められています。また支払い方法も「1回払い」のみと、分割払いやリボ払いには対応していません。

これについては考え方がわかれるかと思いますが、資金運用を効率化できるともとれますし、緊急の際は柔軟に支払いを変更できないとも言い換えることができます。

審査基準が比較的厳しい

法人カード一般カードの場合、他社のカードであれば、審査に伴う提出書類は「個人の本人確認書類のみ」で申し込みができてしまう法人カードも存在しています。

一方で、UC法人一般カードですと、法人の場合「法人の確認書類」(登記簿謄本、印鑑登録証明書など)、「管理責任者(代表)の確認書類」(運転免許証、各種健康保険証など)がそれぞれ必要となります。

個人の身分証明書だけで申し込みができてしまう法人カードに比べると、必要となる書類が多いため、より簡単に審査を受けたい経営者や個人事業主の方であれば、この点についても確認しておきましょう。

法人カード選びとしてUC法人一般カードを比較

最後に紹介していくのは、UC法人一般カードと他社でのカードを比較していきます。

今回は、「初めてのカード選び」と、「同レベルカード」からの2点から比較していこうと思います。

初めてのカード選びとして比較

まずはじめに見ていくのは初めてのカード選びになります。

初めて法人カードを選ばれるときは、「年会費」や「審査の通りやすさ」、「ビジネスとの親和性」などで決めると良いかと思います。
今回UC法人一般カードと並んで比較していくのは、下記の2点になります。

  • 楽天ビジネスカード
  • JCB法人カード一般カード

楽天ビジネスカードを申し込むとなると、「楽天プレミアムカード」にも同時に申し込まなければなりません。

楽天プレミアムカードは年会費10,000円(税別)、楽天ビジネスカード2,000円(税別)の両方を支払うことになりますので、UC法人カード一般カードと比較すると高くついてしまいます。

しかし、楽天ビジネスカードのメリットとして、還元率1%という驚異的な高さと、国内にある主要空港のラウンジサービスが無料、利用限度額でも最高300万円とビジネスを円滑にまわすためには申し分ない内容となっています。

JCB法人一般カードは国際ブランドであるJCBでもあるため信用度は抜群ですし、初年度は年会費無料でありながら初年度以降も1350円(税込)で使うことができます。

一般カードでありながら「Oki Dokiランド」を経由して買い物をすれば還元率は1%以上に高めることができます。

また国内外の旅行傷害保険もそれぞれ最高3000万円付帯、ビジネスサポートサービスも付いていますので、ビジネスを円滑に進める上で安心して使えるビジネスカードになります。

ステータス、年会費等の同レベルカードと比較

続いて比較していくのは、ステータスや年会費等の同レベルカードになります。

初めてのカード選びの基準とは異なり、UC法人一般カードの魅力と同レベルのカードを2点紹介させて頂きます。

  • 三井住友ビジネスクラシックカード for Owners
  • MUFGカード ビジネス(Visa/MasterCard)

三井住友ビジネスクラシックカード for Ownersはビジネスカードとしての位置付けであるにも関わらず、決済口座を法人口座だけでなく、個人名義口座でも決済を行えることができる点や、支払方法においても1回払いだけでなく分割払いやリボ払い・ボーナス一括払いと多彩な支払い方法に対応できるため、設立間もない法人や個人事業主でもキャッシュフローの管理がしやすくなります。

また初年度の年会費は無料にすることが出来ますが、三井住友ビジネスクラシックカード for Ownersであれば翌年度の年会費を無料にする方法ことも可能です。

さらには「VISAビジネスグルメオファー」や「ポイントUPモール」など、ビジネスでも活用できるサービスが備わっているため、文句なしの内容になっています。

MUFGカードビジネス(Visa/MasterCard)は、年会費1250円(税別)で作れるビジネスカードで、毎月15日締切、翌月10日支払いになっており、23〜59日の支払猶予期間があるため、効率的な資金管理をすることが可能となります。さらにはETCカード年会費無料、三菱UFJニコスギフトカードや全国900カ所のゴルフデスク、MUFGカードタクシーチケットと、ビジネスを行ううえでの経理上のメリットがたくさん存在します。

UC法人一般カードの基本情報データ

UC法人一般カードの基本データは以下の通りです。

・年会費:1,250円(税別)
・追加カード年会費:1,250円(税別)
・還元率:約0.5%
・国際ブランド:VISA、Master card
・ショッピングご利用可能額:原則20万円〜最大300万円
・キャッシング有無:キャッシング機能無し
・海外旅行傷害保険:付帯なし
・国内旅行傷害保険:付帯なし
・空港ラウンジ:なし
・ショッピング補償保険:付帯なし
・入会資格:法人および個人事業主
・支払口座:法人口座
・使途:事業費決済
・締め日:10日
・支払日:5日(5日が金融機関休業日の場合は翌営業日)
・支払猶予期間:最大55日間(約8週間)
・支払方法:1回払い(分割払い、リボ払い不可)
・追加発行できるカード:ETCカード(99枚まで発行可/年会費無料)

・必要書類〈法人〉
①法人の本人確認書類(いずれか1点)
登記事項証明書/登記簿謄本/印鑑登録証明書
※発行日から6ヵ月以内の原本またはコピー
②管理責任者本人確認書類(いずれか1点)
運転免許証または運転経歴証明書/各種健康保険証/パスポート 等

・必要書類〈個人事業主〉:代表者または個人事業主の本人確認書類(いずれか1点)
運転免許証または運転経歴証明書/各種健康保険証/パスポート 等

・付帯サービス
◆Visaビジネスオファー
◆Master cardビジネスアシスト
◆UCタクシーチケット
◆UCギフトカード
◆UC ETCカード
◆tabiデスク
◆海外アシスタンスデスク
◆UC海外なくしてもホッとライン
◆優待のあるお店
◆グローバルWiFi
◆文書管理サービス
◆カーシェア平日特別優待プラン
◆利用明細書会計ソフト仕訳データ作成サービス

・永久不滅ポイント
社用経費のご利用1,000円につき永久不滅ポイント1ポイントが貯まり、ギフトカードやオフィスアイテムへの交換が可能。経費削減に役立てることができます。

尚、永久不滅ポイントに有効期限はなく、複数の法人カードを発行してもポイントは1箇所にまとめられます。1ポイントあたりの価値は約5円です。

お申し込みの流れ

1 お申し込みフォームの入力
2 PDFをプリントアウトの後、自著捺印
3 お申込書と必要書類を投函
4 お申込内容に基づき審査
5 カードの送付
※申込書到着後、添付書類、申込書記載内容に不備がない場合は、約2週間で手続き完了。

☆新規ご入会キャンペーン〈期限:2019年4月1日(月)〜2019年7月31日(木)まで〉
カード一枚につき、UCギフトカード2000円分プレゼント

※キャンペーン対象期間内に新規にお申し込みいただき、2019年8月31日(土)までにカード発行された法人様が対象となります。
※特典はカード発行の翌々月頃にご連絡担当者様のご登録住所に送付されます。

まとめ

今回はUC法人一般カードについて良し悪しをまとめてきましたがいかがでしたでしょうか?

UC法人一般カードは利用可能枠も最大300万円、永久不滅ポイントなので有効期限もないため、長期的視野でポイントを貯めることができます。

そのため他社から発行される法人カードとは異なり、より効果的に経費を削減することができます。

ただし、国内外旅行の保険の付帯や、年会費が有料である点には注意してください。

もちろん特定のポイントに絞って法人カードを申し込むことも大切ですが、最も大事なのはビジネスとの親和性になります。
そこをしっかり見極めた上で法人カードを選択するようにしましょう。

UC法人カードの一般カードのメリット・デメリットと詳細まとめ

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

このページのタイトルとURLをコピー

SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気の記事